カテゴリー「身体部位」の記事

2013/02/25

鼠蹊部

 鼠蹊部(そけいぶ)という言葉があります。最近はあまり目にしなくなったけど、以前は官能小説で割によく使われていた気がします。単に、私の好みの作家が使っていただけかもしれませんが。(苦笑

 具体的にどこを指す言葉かといえば、goo国語辞典では「腹部と接する下肢の内側。もものつけね」、Wikipediaではもう少し詳しく、「左右の大腿部の付け根にある溝の内側にある下腹部の三角形状の部分。解剖学的には恥骨の左右の外側・股関節の前方部にあたる。股間を構成する主要部分の1つである」とあります。

 この部位が官能的なのは、もちろん女性の体においてです。何といってもすぐ近くに羞恥の源泉があるわけですから、セクシーなのは当たり前。そこをショーツの股布で隠した状態で、この鼠蹊部を見ると実に色っぽい。

 恥毛が濃い女性の場合、この辺りにまで生えていることがありますが、官能小説のヒロインである場合は、剃っておいて欲しいもの。思い切りハミ出しているのも、女性の容姿によってはソソるものですが。

 すぐ側に最終目的地があるのに、わざと覆いを剥ぎ取らずに焦らす。そして、触れるか触れないかのタッチで股の付け根をさすりながら、女性の羞恥をこれでもかと掻きたてる言葉責めをする。そんな責めの象徴が、この「鼠蹊部」である気がします。

2012/09/28

股ぐら

 股とだけ書けば、それほど卑猥な感じはしなくとも、股ぐらという言い方をすると実に生々しく、その部分の様子が思い浮かぶものです。

 goo辞書によると、「股」は「木の股」のように物の分かれ目の部分も指すが、「股ぐら」は人間の両ももの間の部分だけを指すとのこと。因みに「木の股から生まれた」とは、人情を理解しない人のことらしいです。

 この「ぐら」は「座」または「倉」と書き、似たような用法では「胸ぐら」がありますが、語源に関しては諸説あるようです。また、足を組んで座る姿勢を胡坐(あぐら)と言いますが、語源は別らしく、語源由来辞典によれば、こちらは誤用から始まった言い方のようです。
 
 同じ場所を表す他の表現としては、いやらしくない言い方なら「局部」「秘苑」「太ももの付け根」「あそこ」などがあります。逆にもっとストレートに表現するなら、「陰部」や性器そのものの名称やスラングを使うケースも。
 
 股間という言葉も、なんとなく卑猥ですよね。尚、股ぐらを含めて上記のような表現は、女体に対して使うケースが多いような。男性の股間は、陰茎や睾丸そのものを描く方が、よりいやらしく感じます。

2011/09/08

 女性の尻をどう呼ぶか、これもいろいろとバリエーションが。

 ヒップと書けば、若々しいイメージ。「ケツ」は下卑た表現ですが、科白で使うケースが多そう。「おいど」は京言葉ですが、官能小説には不向きな感じ。

 双丘は、乳房の異名なのかもしれませんが、尻にも使うかな。双臀は「そうでん」と読み、普通に使う熟語のようですが、私としては硬すぎて好みじゃないです。

 最近は、美尻(「びじり」と読むようです)という言葉もありますね。

2011/09/04

陰核

 陰核とはクリトリスのことで、女性の外性器の上端にある突起ですね。

 官能小説やエロティックな文章では、「肉芽」とか「敏感な突起」とかも書きます。興奮していない時は多くの場合、包皮や陰唇によって覆われているので、それを剥く描写は扇情的かつリアルです。

 陰核を愛撫しながら、「どこが気持ちいいんだ」と問いかけ、女性にその名称を口にさせるのは、他の部位(乳房、膣、アヌスなど)と同様に、男の嗜虐欲・支配欲を刺激する文章となりえます。

 私見ですが、「クリちゃん」という呼び方は可愛らしすぎて、官能を却って殺ぐように感じます。

2011/09/01

女性器

 「お」で始まり「こ」で終わる卑猥な四文字は、女性に言わせるのは興奮しますが、小説等の地の文に書いてあると、ぼく個人としては興醒めする方です。

 なので、「女陰」や「ヴァギナ」といった普通の言葉にしたり、「股間」「秘部」とぼかしたり、「蜜壷」「花園」などと比喩的な表現にしたりする訳で、文章のトーンによって使い分ける人が多いようです。


 方言というのも使いようによっては味がありますが、レアすぎるとわからない。(笑

 静岡・岐阜辺りでは「ツンビー」と呼ぶし、九州では「ボボ」、那覇では「ホウミ」と呼ぶらしいですが、他の地方の人だと、少しもいやらしい気持ちにならないでしょうね。

 でも、ツンビーとボボって、意味はわからないけど、なんとなく卑猥な語感。そう思って聞くからでしょうか?

その他のカテゴリー

サイトトップ

プロフィール

  • プロフィール
    HN: エロティスト

    自己紹介:
    画像や動画より、よほど言葉の方が官能的だと感じます。それは、人間のエロティックな想像力を自在に刺激できるから。

ブログランキング

  • にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ エッチ系の話題 駄文同盟 ブログランキング BSリアルタイムランキング!!
無料ブログはココログ

著作権表記など

  • Copyright(C)2012 官能小説の材料 All Rights Reserved. QLOOKアクセス解析