« 2012年8月 | トップページ | 2013年2月 »

2012年9月

2012/09/28

股ぐら

 股とだけ書けば、それほど卑猥な感じはしなくとも、股ぐらという言い方をすると実に生々しく、その部分の様子が思い浮かぶものです。

 goo辞書によると、「股」は「木の股」のように物の分かれ目の部分も指すが、「股ぐら」は人間の両ももの間の部分だけを指すとのこと。因みに「木の股から生まれた」とは、人情を理解しない人のことらしいです。

 この「ぐら」は「座」または「倉」と書き、似たような用法では「胸ぐら」がありますが、語源に関しては諸説あるようです。また、足を組んで座る姿勢を胡坐(あぐら)と言いますが、語源は別らしく、語源由来辞典によれば、こちらは誤用から始まった言い方のようです。
 
 同じ場所を表す他の表現としては、いやらしくない言い方なら「局部」「秘苑」「太ももの付け根」「あそこ」などがあります。逆にもっとストレートに表現するなら、「陰部」や性器そのものの名称やスラングを使うケースも。
 
 股間という言葉も、なんとなく卑猥ですよね。尚、股ぐらを含めて上記のような表現は、女体に対して使うケースが多いような。男性の股間は、陰茎や睾丸そのものを描く方が、よりいやらしく感じます。

« 2012年8月 | トップページ | 2013年2月 »

サイトトップ

プロフィール

  • プロフィール
    HN: エロティスト

    自己紹介:
    画像や動画より、よほど言葉の方が官能的だと感じます。それは、人間のエロティックな想像力を自在に刺激できるから。

ブログランキング

  • にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ エッチ系の話題 駄文同盟 ブログランキング BSリアルタイムランキング!!
無料ブログはココログ

著作権表記など

  • Copyright(C)2012 官能小説の材料 All Rights Reserved. QLOOKアクセス解析