« 「いや」と「いやしい」と「いやらしい」 | トップページ | 「乞う」と「請う」 »

2011/09/16

ぼかした言い方

 「セックスをする」とか「一発する」と言わずに、「体を開く」とか「肌を合わせる」と表現することがありますよね。前二者に比べて、後二者は行為の内容をぼかした言い方です。

 
 「女陰」は普通の言葉ですが、「蜜壷」といえば官能小説用語。しかし、ぼかした表現ではあります。「秘所」「秘苑」も同様です。「女体の聖域」や「恥じらいの源泉」は、詩的ですね。

 「ぼくの初体験は、その夜でした」と書くより、「ぼくは、その夜が初めてでした」と書けば、その文だけでは、何のことかわからなくなる。

 あくまで程度問題なのですが、比喩が利いていて、ややぼかした表現の方が、幅広い層に受け入れてもらえそうです。ブログによっては、ダイレクトな表現を含む記事が掲載禁止になったりしますし。

« 「いや」と「いやしい」と「いやらしい」 | トップページ | 「乞う」と「請う」 »

表現全般」カテゴリの記事

サイトトップ

プロフィール

  • プロフィール
    HN: エロティスト

    自己紹介:
    画像や動画より、よほど言葉の方が官能的だと感じます。それは、人間のエロティックな想像力を自在に刺激できるから。

ブログランキング

  • にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ エッチ系の話題 駄文同盟 ブログランキング BSリアルタイムランキング!!
無料ブログはココログ

著作権表記など

  • Copyright(C)2012 官能小説の材料 All Rights Reserved. QLOOKアクセス解析